Welcome to Tomson's world.
by Tomson-s
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧
re:滝のある森 8
〈再掲 2010年 9月14日 の記事〉
c0201518_1749373.jpg

森にシダ植物がたくさん生えていると、とても安心する。

その森は適度に湿度が保たれている、ということ。
つまりそれは森の豊かさも保たれている、ということ。
そしてその豊かな森にいつでも自分は還れるのだ、ということ。

かつて人類は森を出たのに、
未だ森によって生かされる。


Thank you.




〈再掲 2010年 9月14日 の記事〉
写真はアンダー気味(目に見えるより暗く撮ること〉で
撮るのが好きです。

撮り方によっては、この写真のように
被写体が光を放っているように見えることもあります。

ほんのちょっとの工夫で
幻想的な表現ができるなんて、写真てスバラシイ^^





フェリックス・ティオリエ。もっとも好きな写真家になりました(彼は写真家かな?)。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by tomson-s | 2015-08-31 19:35 | リバイバル
re:滝のある森 6
〈再掲 2010年 9月10日 の記事〉
c0201518_1823248.jpg

橋の上から振り返ると、そこには立派な木々が!!

言葉もなく、
ただ口をぽかんと開けながら、
彼らに敬服して、
自分のちっぽけさを知り、
同時に、
“やれることはまだまだたくさんあるんだ”、と気づく。









Thank you.






〈再掲 2010年 9月10日 の記事〉
リバイバル注:
急な斜面に立っているにもかかわらず
これらの木は20メートル近くあったと思います。

高低差を利用してあおるようにして
木の高さと迫力を出しました。





洗濯を石鹸洗剤でしています。小さな満足感があります。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by tomson-s | 2015-08-28 19:39 | リバイバル
re:滝のある森 5
〈再掲 2010年 9月9日 の記事〉
c0201518_1914316.jpg

やれやれ30分も経ったかと振り返れば、
進んだ距離はまだわずか。
(※ 橋の向こう端がスタート地点)

あちらにこちらに寄り道して、
なかなか前に進まないさまは、
まるで小さな子どものようだと、
自分でも思ったりして。


でもそれがすこし嬉しい。





Thank you.



〈再掲 2010年 9月9日 の記事〉
リバイバル注:
滝のある森シリーズの中でも、特に気に入りの一枚。

森で写真を撮るとき
この橋のようにひとつ写したいポイントを決めておくと
バランスの良い写真が撮りやすいと思います^^

それにしても橋の手前は道がない・・・。ように見えますね。
想像が膨らむな〜。






うちの台所は、ルクルーゼでもっているようなもの。ありがとう、クルーゼ様!(笑)
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by tomson-s | 2015-08-27 19:44 | リバイバル
re:滝のある森 4
〈再掲 2010年 9月6日 の記事〉
c0201518_22452436.jpg

タマアジサイのつぼみ。
これはちょっと開いてますが、
きゅっと締まっているときはまん丸です。
あめ玉みたいです。




Thank you.





〈再掲 2010年 9月6日 の記事〉
リバイバル注:
全体が発光しているような緑の中に
白いタマアジサイのつぼみが浮かんでいる。

どこにいるのか不思議な気分になる
幻想的な写真をよく撮っていました。(今もか)







いいなと思ったら、やっぱりクリックして欲しいです。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by tomson-s | 2015-08-26 17:43 | リバイバル
re:滝のある森 1
〈再掲 2010年 9月 3日の記事〉
c0201518_23134191.jpg

新シリーズです。
森で撮った写真を載せていきます。

今回の森には滝があるらしい。
『滝まで5分』の看板。
ああ、近いじゃん。
甘く見ちゃいけません。
森の魔力でしょうか。
滝にたどり着いたときには、
一時間半が経過していました……。



Thank you.







〈再掲 2010年 9月 3日の記事〉

リバイバル注:
ある場所で撮った写真をシリーズとして
連載形式で長く投稿する方法をとっていました。

これは手法というよりも
たくさん撮った写真を載せるための苦肉の策でした。

ちなみに「滝のある森」シリーズは〈21〉まで続いています。
この森は、水々さと光の豊かさを感じさせてくれる森で
写真選びもワクワクしながら行ったのを覚えています。


続編はこちらから、よろしければごらんください。
滝のある森 2〜






渓流沿いなので涼しかった! 写真越しに涼をお届けできれば。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by tomson-s | 2015-08-25 16:26 | リバイバル
re:離岸(勇気ある)・1
〈再掲〉2009年9月20日の記事
c0201518_217307.jpg



離岸(勇気ある)・1
離岸(勇気ある)・2
離岸(勇気ある)・3


〈再掲〉2009年9月20日の記事

リバイバル注:初期のころは、3つの写真記事をひとかたまりとして、相互リンクで掲載していました。
3枚の写真で関連性を強くして、メッセージとしたかったのです。
[PR]
by tomson-s | 2015-08-21 14:51 | リバイバル
re:金魚と(虎)
〈再掲〉2010年8月13日の記事
c0201518_19352785.jpg


なんて人間くさい表情をした金魚なんでしょう。

驚きとともに、少し不気味で、薄ら寒い。
「たかが魚類」と思っていた存在が、
ここまで「私たち」に近い表情をみせるなんて……。

こういう瞬間が、私は大好きです。
いいぞ、金魚! と思う。

私はもう「たかが魚類」としてみれなくなるから。
そして、彼(彼女)の表情に、
自らのこころを見つけ出してしまうからです。






Thank you.


〈再掲〉2010年8月13日の記事

虎 はこちらからどうぞ。



いいなと思ったら、クリックして欲しいです。
にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by tomson-s | 2015-08-17 16:32 | リバイバル
re:海亀とレゲエ
〈再掲〉2010年8月19日の記事
c0201518_21385990.jpg

残暑お見舞い申しあげます。
今年の夏の気温の高さには、
まいっちゃいますね。

暑いときには暑い国のものだ!
ということで、今年はレゲエを聴き始めました。
聴いているとあら不思議。
暑さがちょっと楽しい。これくらい暑くないとね! なんて。
(脳みそが茹だってしまっている、という疑いも……笑)

青い空と海が広がる浜辺が似合う音楽ですね。
ゆったり泳ぐアカウミガメとレゲエで、
涼しさよ、届け~。



Thank you.


〈再掲〉2010年8月19日の記事




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
by tomson-s | 2015-08-17 00:15 | リバイバル